掃除の仕事をするのって楽しい?嫌だ?

仕事って楽しいだけじゃなくって嫌なことも正直あるんですよね、、、

掃除の仕事をするのって楽しい?嫌だ?

お客さまを喜ばせる条件

ダスキンの標語で「喜びのタネまきをしよう」というのがあるんです。標語というか社訓ですね。

このタネまきをしてく側が私達スタッフなんですけど、そのスタッフがそもそも喜んで楽しくなってないと、人を喜ばせてあげようとか楽しませてあげようっていう風には、当然「できるわけない」と私は思ってるんです。人にサービスする立場の人間が楽しく喜んでないと。

だからここ(ダスキン白亞)で働くスタッフに対しては、まず「喜んでもらいたい」し、「楽しんでもらいたい」。そうするための会社として何ができるか?というのを、いつも私自身は追及してる感じです。

どうやったら喜んで働いてもらえるか?

もちろん生活もありますから報酬っていうのもありますし重要ですよね。でも、それ以外にも〟働きがいがある”とか、“やりがいがある”っていう風に思ってもらうためにはどうすればいいのか?

頑張っているところをきちんと見るとか、取り組んでいることを、きちんと評価するとか。

何とか喜んで働いてもらう、楽しんで働いてもらうため、また何よりも“やりがい”を持って働いてもらうためにどうしたらいいのかな?っていうのはいつも私も考えてやっていくようにしています。

人生のほどんどは働く時間

結局大人になったら、人生のほとんどは働く時間ですよね。その働く時間が苦行のような時間だったら、人生もったいないなって個人的には思んです。働いてその稼いだお金で趣味で楽しむ、っていうのも人生の一つだと思います。

けど、働いて何か「会社に来ること自体が楽しい」とか。「働くこと自体が嬉しい楽しい」とか。そう思ってもらえるような環境づくりっていうのを常に追求し続けていくし、そこは絶対に私はブレないようにしようっていうのは、社長としての一つの方針として考えています。

もしそれができたら、社員はマニュアルとか細かく規定なんかしなくたっていいんじゃないか「会社に来て働くのが嬉しい」「何かやるのが嬉しい」ってスタッフがいて、そんなスタッフから受けるサービスは、きっといいサービスをやってくれるだろうと思うんです。きっと、お客さまを喜ばせてくれるだろうと感じています。

なので、ここは本当に突き詰めていきたいですし、社員の幸福度を上げるっていうんですかね。これを会社として一つの方針として、打ち出して取り組みをしてはいます。

嫌なこともあるけれど、、、

だから私自身も当然、仕事をするのが楽しいと心掛けています。

もちろん仕事ですから嫌なこともいっぱいあるんですけど、、、正直言いまして。いつもいつも楽しいことばかりじゃないです。嫌なこともあるし、当然苦労することもあるし

でも、そこを超えた先に、喜びがある、楽しみがある、って思えなかったらやっていけないので、やっぱりそこは追及していきたい。

「頑張ろう」と思ったら、当然、苦労もします。いろいろ壁にもぶつかるんです。

けど、そこをみんなで笑って越えて、ぶつかっていけるような会社にしていきたいなと思ってます。なにより私自身が一番そうありたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です